ミュゼ 脱毛

おうち派?サロン派? つるぴか肌を育てるために、●●●脱毛はNGだった?!

ミュゼ 100円脱毛の詳細はこちら

http://musee-pla.com/

 

ムダ毛処理、あなたはどうしてる?

 

暑い夏、どうしても肌の露出が多くなりがちなこの季節。腕や足、ワキなど、いつもは見えない場所も人目にさらされてしまうこの季節、みんなが頭を悩ませているのがムダ毛処理

 

特に、毛が濃い人、硬い人は、処理をし損ねている部分はないか、人にどう見られているか、と始終気になってしまうものですよね。

 

そんな心配をしなくていいように、ムダ毛は出来れば毎日処理したいけれど、
やりすぎてカミソリ負けしちゃったり、しっかり剃ろうとして肌に傷をつけてしまったりなんて経験も多いのでは?

 

 

おうちでの処理は大変だけど、だからといってサロンに通ったりするのはちょっとハードルが高い…という人が大半。
「まあ、しばらくはこまめに処理をしたらいいかな」とおうち脱毛を続けている人、ちょっと待った!

 

実は、脱毛の仕方によっては、肌を痛めつけて、逆にその後の処理がしにくくなってしまうこともあるんです。

 

肌トラブルを起こさずに、ムダ毛を簡単に、しかもきれいに処理する秘訣、知りたい!という人も多いはず。

 

キレイな肌を手に入れるため、脱毛について、ムダ毛について、ちょっと詳しくなってみませんか?

 

脱毛をすると、お肌がきれいになる?

 

ムダ毛の処理をすると、なんだか肌がキレイになったような気がしますよね。

 

これは気のせいではなく、毛の処理をしたことによって肌のトーンが明るく見えるようになったから

 

日本人は髪の毛と同じくうぶ毛も黒いので自然と肌がくすんで見えてしまうのですが、その毛が無くなることにより、肌がパッと明るく見えるようになるのです。

 

だからこそ肌の露出が多くなる夏に限らず、脱毛は肌をきれいに見せる有効な手段の一つなんですね。

 

実はNG?おうち脱毛

 

ところで、皆さんはどうやってムダ毛を処理していますか?

 

カミソリ、毛抜きなどの方法が一般的で、ちょっと贅沢して除毛クリームや脱毛器を使っているという人もいらっしゃるかと思います。
またエステやサロンに通って、お願いしているという人もいらっしゃるでしょうが、それでもおうち処理の方がまだまだ一般的かも。

 

アンケートでも、約8割の女性がカミソリで処理を行っていると答えています。

 

「ムダ毛処理」に関するアンケート/ネットリサーチDIMSDRIVE
http://www.dims.ne.jp/timelyresearch/2016/160609

 

 

カミソリや毛抜きを使って行う処理は、お手軽におうちで出来るのがいいところ。
でも、これは本当に「いい処理」なんでしょうか?

 

おうち処理のいいところ、わるいところ

 

 おうちで処理をするためには、道具が必要。
 カミソリや毛抜き、脱毛クリーム、脱毛器とおうちで使える道具も増えてきました。
 自分のペースで気軽にいつでも行える「おうち脱毛」、だからこそ気をつけておきたい部分もたくさんあるんです。

 

 おうち処理で活躍している道具たちの、よいところと気をつけたいところを集めてみました。
 あなたは、どれくらい知ってましたか?

 

カミソリ

 ○ 簡単で、一番ポピュラー。いっぺんにたくさんの毛が処理でき、全身に対応。

 

 × 毛だけでなく、肌表面の角質まで削ってしまうのが最大の弱点。
 外部ダメージから肌を守り、潤いを保つ角質を削ってしまうので、乾燥や肌荒れを引き起こしてしまう場合も。また刃物で肌を傷つけてしまう恐れもあり、そこから雑菌が入って炎症が起きたという事例もあります。
 表面だけをカットするので何度も処理をする必要があり、処置の回数が増えれば色素沈着の原因にもなってしまいます。

 

毛抜き

 ○ 毛根から一気に毛を抜くので、いったん処理をすると長持ち。細かい処理を自宅で間単に行えるのが嬉しい。

 

 × 肌と毛にかかる負担は、一番。
 毛細血管とつながっている毛を無理に抜くので、痛みを伴い、時には出血を起こす場合も。毛穴が傷むことにより、逆に毛穴が大きくボツボツと目立つようになったり、埋没毛の原因になったりと皮膚トラブルも起こりがち…。

 

除毛クリーム

 ○ 表面部分の毛を分解して、すべらかな仕上がりに!処置後の毛穴も目立たず、傷も出来ない。

 

 × 効果が続く時間は短いので、マメな処理が必要。最近は低刺激用のものも増えましたが、それでも敏感肌の人は、薬剤によっては刺激が強すぎて肌トラブルの原因になる場合も。
 肌が弱い人は、使用前に腕の内側などでパッチテストを行ってから使う方がいいかもしれません。

 

家庭用脱毛器

 ○ 毛根から毛を抜いて一気に処理をしてくれるので、効果は長持ち。肌への負担は毛抜きよりもずっと少なく、肌へのダメージも軽いんです。

 

 × 機材が高価、エステやサロンでの脱毛よりは効果が落ちてしまうのがデメリット。
 細かいムダ毛の処理には向いていますが、広範囲への処置を自分だけで行おうとすると難しい…

 

 

カミソリや毛抜きなどを使ったおうちでの脱毛は、長く続けていると肌にとっての負担もどんどん大きくなってしまいます。
カミソリ負けや色素沈着、乾燥、埋もれ毛など、しばしば肌荒れの原因にも。

 

しかもワキや手足、お腹周りのムダ毛くらいであれば比較的簡単におうちで処理ができますが、背中やうなじ、ビキニライン等の自分では脱毛が難しい部分はなかなかうまくいかず、雑菌が入り化膿する、やけどをする、なんてトラブル報告もあり。
特にデリケートゾーンは、肌を傷つけてしまわないよう細心の注意が必要で、なかなか気を遣います。

 

そもそも、肌はとってもデリケート!

 

お顔に限らず、体中を包んでいる肌。
大切な肌を苛む肌荒れは、生活習慣の乱れに加えて、乾燥も大きな原因のひとつと言われています。

 

お風呂上りにはもちもちとした肌だったのに、しばらくするとなんだかかさかさしてきたな…という時には、まさに乾燥の合図。肌ケアをしっかりと行わないでいると、肌から水分がどんどん蒸発して乾燥してしまうんです。
洗顔後、お風呂あがりの後の保湿ケアをしっかり行うことですべすべでつややかな肌になれるんです。

 

 

それは、脱毛の後でも同じ。
ムダ毛を処理するということは、どんな方法を使っても、肌への負担が少なからずあるものなのです。
処理をして、そのままにしているとそこから肌の乾燥が起こり、肌荒れを招いてしまうんですね。

 

 

肌トラブルを防ぐためには、脱毛後のアフターケアが大切

 

 

どんな道具を使っていても、おうちでの処置のすべてに共通していえる注意点は、処理後は必ず肌の炎症を抑えること。
冷やしたタオルで脱毛部分を冷やし、その後は化粧水などで保湿をしてあげましょう。炎症と乾燥を抑えるだけで、肌荒れはだいぶ防げます。
お風呂上りで毛と肌が柔らかくなっているときに脱毛を行うと、アフターケアで肌の乾燥も防げて一石二鳥。

 

ですが傷が出来たり、使った道具が肌に合わなかったりすると、どうしてもデリケートな肌にはダメージが出てしまうもの。
そんなときに、きちんとしたアフターケアをおうちでするのはちょっと大変。

 

そんな心配も、脱毛のプロならしっかりフォローしてくれるんです。

 

 

プロの脱毛はこんなに違う!

 

おうち脱毛とエステやサロンでの脱毛の何が違うかというと、処置の仕方です。

 

脱毛サロンやエステでの光を使用した脱毛の多くは、毛を弱らせて生えにくくしていくもの。毛そのものに働きかけるので、肌への負担も少なく、肌を傷つける回数はカミソリや毛抜きに比べてもグンと減り、キレイな肌を保つことができます。

 

そして何より大切なのは、カウンセリングがあること!

 

毛の硬さや生え方は、一人一人違います。
しかも、生えている場所によっても処置の仕方は異なりますし、同じ施術をしても個人によって効果が出るまでにかかる時間も違います。

 

 

自分にはどんな処理が向いているのか、自分の毛とどう向き合っていくといいのか。
プロによるカウンセリングで、契約の前にしっかりと質問をして、疑問点や不安な部分をクリアにすることが出来ます。

 

もちろん、脱毛後のアフターケアもばっちり。処置後のお肌へのお手入れやクールダウンを行い、肌への負担を軽減してくれます。

 

はじめてさんなら、やっぱりミュゼ!

 

やっぱり、プロの脱毛が一番。
とは言っても、急にサロンに通い始めるのは少しハードルが高いですよね。
どこに通えばいいのか、探すのも大変だし、何より料金や勧誘が心配という声も。

 

そこで、脱毛がはじめて!という人にお得なキャンペーンをやっている「ミュゼ」がおススメです!

 

まずは無料カウンセリングを受けて、自分の毛の状態などの相談をすることが出来ます。
一人で行くのが心配な人は、お友達と二人でカウンセリングを受けることも可。

 

しかもカウンセリングだけを受けて、自宅でもう一度ゆっくり考えることも出来るんです。

 

無理な勧誘もなく、毎月お得なキャンペーンも行っているミュゼ。
はじめての人には、さらにお得な100円キャンペーンも展開中

 

脱毛はじめてさんも、この機会に毎日のカミソリから解放されてみませんか?